車買取最高額!どんな車でも高く売れます!

エアバッグの警告灯の動作可否と車の売却額

車のエアバッグは、安全には大きく関わるパーツです。それだけに車を売る時にも、それは売却額にも関わってきます。
一般的には、そのバッグのスペックが重視される事が多いようですね。最新式のバッグなどは、買取店としても高く評価している傾向があります。

 

バッグの不具合を教えてくれる警告灯

 

ところでエアバッグには、警告灯というものがあります。警告灯の意義ですが、エアバッグの不具合を教えてくれるのです。もしもそれが点灯しているとなると、ちょっと安全面にも関わってくるでしょう。
例えばそれが点灯しているとして、車がどこかに衝突してしまったとします。本来ならば、バッグが開くはずですね。しかし警告灯が点灯している以上は、バッグに不具合が発生している訳です。ですので衝突してもバッグが開かずに、大怪我をしてしまう危険があります。
それは少々怖いですね。ですので車のエアバッグの警告灯は、とても大事な役割を果たしていると言えます。

 

警告灯の不具合は売却額に関わる

 

ではもしも警告灯に異変が起きていると、どうなりますでしょうか。
やはり、買取額には影響があるでしょう。例えばランプ切れですね。エアバッグに不具合があるにもかかわらずランプが切れてしまっていると、少々怖いかと思います。万が一の際にエアバッグが開かない可能性があるからです。
ですのでエアバッグの警告灯の不具合は売却額に影響を及ぼす可能性が大ですが、それに気づいていても修理は不要かと思います。一般的に買取店に出す時は、修理をしないのがセオリーですね。
修理をするというよりも、買取店に「エアバッグの警告灯に不具合があります」と正直に伝える方が大切かと思います。それで減額にはなるかもしれませんが、不具合を伝えないでトラブルになる方が怖いからです。